インスタライブが若者にアツイ理由

インスタライブ、若者に人気です

FacebookのライブカメラやLINEのライブカメラなども人気が高いのですが、いま、若者の間で圧倒的に人気を集めているのは、インスタライブです。
インスタライブは、最高で1時間のライブ配信が可能で、フォロワーに向けて自分の思い通りの動画を配信することができます。

インスタグラムは、画像をシェアしてコミュニケーションを取り合うSNSですが、比較的大人の層が、テキストによるコミュニケーションを好むのと対象的に、若者は画像や動画によるコミュニケーションを求める傾向があります。
やはりビジュアル面で目立つことができて、きらびやかなものに、若者は惹かれる傾向があるようです。

そしてインスタグラムは、圧倒的なユーザー数を抱え、世界中で人気となっているSNSですが、ライブ配信が可能です。
フォロワーに向けて動画を配信し、世界中の人と動画配信でコミュニケーションを取ることができるのです。

では、なぜそんなにも、若い人たちはインスタライブに惹かれているのでしょうか。
理由とともに、見ていきましょう。

1. コメントでコミュニケーションできる

インスタライブは、ライブ配信を見ているフォロワーが、動画にコメントをつけることで、動画の配信者の側とテキストでコミュニケーションを取ることができます。

誹謗中傷のコメントが怖い方は、コメントをオフにすることもできるのですが、そもそもインスタは後述の通り、あまり誹謗中傷はありません。
NGキーワードも設定できるので、フィルターをかけて、書き込まれたくないコメントを設定できますので、比較的自由奔放にライブ配信をすることができます。

ニコニコ動画でもコメントつき動画配信は可能なのですが、インスタはより積極的に、自分でスマホを持ちながら、動画配信が可能です。
自分が映り込むのが嫌なのであれば、アウトカメラを使ってインカメラをオフにして、動画配信することもできます。

2. 誹謗中傷があまりないポジティブ空間

インスタライブだけに限らず、インスタグラム全体の傾向でもあるのですが、誹謗中傷が少なく、非常にポジティブな空間であることが人気の理由として挙げられます。
インスタは、見たくない人がいれば、フォローしなければいいという文化でもありますので、ただ単に、嫌なのであればフォローを外せばいいだけで、その他のSNSのように、フォロー/フォロワーに関するしがらみがあまりなく、その分だけ、誹謗中傷などが少ないのです。

たとえば、倫理的な問題で大バッシングを受けたタレントのベッキーなども、インスタで復帰を宣言し、インスタを再開したときは、「おかえり」の声でコメントがあふれていました。
これはインスタ独自の空間を良くあらわしています。

その他のインターネット空間と違って、インスタでの動画配信も、ポジティブでクリエイティブな空気で満たされているのです。
そのため、エネルギーを誹謗中傷に使いたくない若い人たちの心を捉えているものだと考えられます。

3. あしあと機能が楽しい

インスタライブには、誰が動画を見たかというあしあと機能がついています。
一時期、ソーシャル・ネットワーキング・サービスのmixiが全盛期のころは、このあしあと機能が大いに人気でした。
誰が自分を見ているのかを気にする若い人は非常に多いのです。

あしあと、というそのものズバリの機能があるわけではないのですが、ユーザーネームが表示され、視聴者一覧がマークとして表示され、ライブ終了時にサムネイルが表示されます。
これによって、誰がインスタライブの配信を見ていたのかが分かるようになるのです。
誰かが見ていることがわかれば、動画配信へのモチベーションは大幅にアップします。

このあしあと機能は、最近のTwitterやFacebook、マストドンには搭載されておらず、mixiを知らない若い人にとっては、非常に新しさを感じさせるのではないでしょうか。
Mixi全盛期に、ユーザーが何度もログインしてあしあとをこぞって確認したように、インスタライブでもあしあとを確認することができます。
動画配信をスタートしたとき、動画配信中、動画終了時にわかりますので、インスタライブのあしあとは、配信者のモチベーションにつながるのです。

インスタライブ、若者に大人気!

これらの理由によって、インスタライブは今、若者に大人気なのです。
動画配信が機材を使わなくとも、スマホひとつで簡単にできるようになった現在、インスタの人気が高まるのは自然な流れでしょう。

ポジティブでクリエイティブな空間なため、感性の豊かな若者はこぞって、インスタライブに参加しています。
インスタなら、ネガティブな空気に左右されることなく、自由に、思う通りの表現をすることができるのです。
これに若者は惹かれているといえるでしょう。

LINEライブも非常に人気ですが、そちらと比べると、20−30代の女性、特に美意識の高い層に特化して、アプローチするならオシャレ人が多いインスタライブがオススメです。

配信コンテンツは、メイク、スタイリングなどの美容系、カフェ、アウトドア系オシャレご飯の作り方、魅せ方などのフード系は特に需要が高いところです。

他のSNSとは完全に層が異なるので、ビジネス的には業種は限られますが、ターゲット層にハマれば、ビジネス的にも大きな飛躍が期待できるので、是非ともインスタライブもお試しあれ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

LINEで送る
[`evernote` not found]