YouTubeの効果的な宣伝方法とは

 
いざマーケティング動画をを作り、YouTubeへアップしてみたは良いものの、再生数がなかなか伸びず苦い思いをしている方も多いのではないかと思います。
今回は、YouTubeの効果的な宣伝方法について書かれた記事をご紹介します。

———————————————–

この記事ではYouTube動画をどのように効率的宣伝をするかに着目したいと思います。
YouTube動画を効果的に宣伝したい場合、いくつかの項目に分けられます。

  

しっかりとした自分のYouTubeチャンネルを作る

動画をアップして宣伝する前に、まずは基盤を強化しなければなりません。
宣伝に関係のない動画や動画チャンネルのあるアカウントは論外であるため、削除が必要です。

不必要なものを消した後は、まず会社の閲覧者が見やすいYouTubeチャンネルを作りましょう。
その際は以下の項目に注意してください。

○カスタム仕様のチャンネル画像
○チャンネル登録者と非登録者どちらにも対応している動画
○宣伝したい事柄に合わせた細かい様々なチャンネル

channel


それぞれの再生リストに合わせた動画は閲覧者が見やすい順番にしておきましょう。
名前順やアップロード順など、動画の順番は制作者の自由です。
いつでも閲覧者が見やすいチャンネル作りを心がけなければなりません。

  

自社のサイトやYouTubeチャンネルにソーシャルボタンの設置

ソーシャルボタンとは閲覧者がクリック一つで企業のtwitterやLINEなどのSNSに飛べるボタンのことです。
決して閲覧者の個人的アカウントに飛べるボタンと勘違いしてはいけません。
ソーシャルボタンはとても有効的で、会社のホームページにこのボタンがあると直接YouTubeチャンネルに飛べたりします。

ここでSEPの例を見てみましょう。

sep


YouTubeが提供するソーシャルボタンのサービスが有効的です。
YouTubeチャンネルの右上には、最大で5つのリンクを繋げられるようになっています。

サイト、Facebookページなど、動画の閲覧者に最も見て欲しいソーシャルメディアを繋げるといいでしょう。
サイトとYouTube両方にソーシャルボタンを設置する事により、閲覧者は簡単に企業の中身も外見も見る事ができるのです。
行き来のしやすさは、コンテンツを見やすくするだけではなく、閲覧者を飽きさせない目的もあります。

   

YouTube動画を他のソーシャルメディアで宣伝

動画を宣伝する際、最も活用的なのは”Facebook”と”twitter”と言われています。
“LinkedIn”も使えますが、やや使い勝手に疑問が残ります。

Facebook

Facebookに動画を上げるのは、平日13時から16時が良いでしょう。
この時間帯はもっともクリック数が多いとされています。

ただ動画を上げるのではなく、1~2行ほど閲覧者の興味を引くような動画の説明を載せるとより効果的です。
ハッシュタグなどをつけると、検索から動画にたどり着く閲覧者もいるので、効果が高まります。

Twitter

Twitterでは月曜から木曜の9時から15時の間に動画のURLを呟くのが効果的です。
Twitterには、URLを呟くだけで、自動的にTwitter上で見ることが出来る動画に変換してくれる機能があります。

Facebookと同じで、ここでも閲覧者の興味を誘う説明文を添えるべきです。
Facebookに比べ文字数に制限があるため、短く的確な文が求められます。

tweetsample


上記のツイートが良い例です。

写真だけではなく、動画に添えられたツイートの言葉が動画を見たいと思わせています。
短く、的確に動画の要点を伝える一文がベストです。
例えば、同じハッシュタグを使えば動画の閲覧者は検索しやすくなります。

LinkedIn

LinkedInでは、共有する動画の種類を選択しなければなりません。
FacebookやTwitterと違い、プロフェッショナルで専門的な動画に限られてきます。

そのため、LinkedInは動画を共有するのには、あまり適したところではありません。
LinkedInでは商品やビジネスの記事などを共有するのが一番良いでしょう。
記事の中に動画を組み込みむと、LinkedInで直接動画を掲載しなくて済みます。

ブログ、ウェブサイトや記事に動画を埋め込む

LinkedInプロモーションで述べた通り、ブログやウェブサイトに動画を貼るのはとても有効的です。
ない場合は作りましょう。

以下は有効な動画の埋め込みです。

”Future Buildings Visits Norman Hardie Winery”

Futurebuildings.comは、実際に自社がカスタマイズした建物を葡萄酒の醸造所として利用しているお客様を動画にしました。
動画はYouTubeに載せられ、さらにそのリンクが建物の活用法について書いていた会社のブログに貼られました。

片方だけでは偏るイメージや内容を、YouTubeとブログと両方を使う事により補っています。
Futurebuildings.comは、動画をブログ等のSNSに活用している良い例でです。

SNS

さらに、自社のサイトだけではなく、他社に動画を載せてもらうのもいい案です。
もし、動画が本当に魅力的な場合、他者は様々な方法でさらに多くの人々に見てもらう為に共有したがるはず。

ブログ等にYouTubeを埋め込みたい場合、設定のところで埋め込みを許可するにチェックを入れるのを忘れないでおきましょう。
これでSEOの価値が上がるはずです。

blog


YouTubeデータ分析をベースにした分析と戦略

YouTubeはそれぞれのチャンネル閲覧者数や再生時間など、膨大な量の情報を管理しています。
これらの一部のデータを分析するのは、難しいことではありません。
データを分析することにより、動画再生の傾向が見えてきます。

YouTubeデータ分析には以下のものが含まれています。

■ 総再生数
■ 閲覧者の住んでいる国や年齢
■ プレイバックの場所
■ 訪問のきっかけ
■ どの機器で見ているか
■ 閲覧者保有率
■ 動画自体の:
 ・購読者
 ・Likes/Dislikes
 ・お気に入り
 ・コメント
 ・シェア
 ・エンゲージメント率

これらを分析するとトレンドや改善点が見えてきます。
そして動画はより良いものに変化していきます。

効果が見られる動画は使い続け、効果の見られない動画は、改善するか使用をやめるのもひとつです。
データこそがもっとも信頼すべきソースです。

Google Adwordsを通じた有料プロモーション

もう一つの方法は、oogle AdWordsのキャンペーンを使った宣伝です。
AdWordsを利用すると、動画がYouTubeの検索結果の一番上に表示されます。

これにより広い層の顧客にプロモーションが出来るのです。

ユーザーが動画をクリックした場合のみ広告料が発生するPPC広告であるため、会社は無駄な広告料を払わなくて済みます。

   

結論

1. しっかりとした自分のYouTubeチャンネルを作る

2. 自社のサイトやYouTubeチャンネルにソーシャルボタンの設置

3. YouTube動画を他のソーシャルメディアで宣伝

4.ブログ、ウェブサイトや記事に動画を埋め込む

5. YouTubeデータ分析をベースにした分析と戦略

6. Google Adwordsを通じた有料プロモーション

以上の6点に注意し、戦略的に動画マーケティングを行いましょう。

参照記事:http://www.searchenginepeople.com/blog/150221025-howto-promote-youtube.html

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします