売り上げを伸ばす7つのアドバイス

 
動画マーケティングを成功させるためには、どのようなことに気を付ければ良いでしょうか?
今回は、そんな疑問にお答えする記事をピックアップしてみました。

———————————————————————————

誰しも、とてつもない長さのウェブサイトを何ページも読み進めるより、短くダイナミックな動画を見る方が好きでしょう。
実際の商品を見せられる動画の方が、消費者の興味を引く事ができ、売り上げにもつながります。

今ではインターネット上で様々な動画マーケティングのハウツー動画が増えています。
しかし、どれだけこのれらの動画を見ても、実際に導入しない限り何の意味もありません。

この記事では、動画マーケティングを成功させる7つの簡単なアドバイスを教えます。
これらのアドバイスを取り入れれば、動画が消費者の目に触れる回数は増え、売り上げは飛躍的に伸びるでしょう。

動画は確かに消費者の興味を引くには最も効果的なツールと言ます。
しかし、小規模な企業(従業員数24から99名)のわずか9%と、中規模な企業(従業員数100から999名)の19%しか、実際にサイトに動画を載せていないという事実があります。 (Source: SMB Group U.S. 2012 Survey)

自社のサイトのコンバージョンレートを上げるには、まずはこれらのアドバイスを実践してみましょう。

1.まずは動画を自社のウェブサイトに貼る

YouTubeに動画を載せ、そのリンクを自社のウェブサイトに貼るのは簡単です。
しかし、それは最もおすすめ出来る方法ではありません。
サイト自体に埋め込む方が効果的と言えるでしょう。

もしもサイトに動画を貼れない時は、Vimeoを使うと良いでしょう。
Vimeoでは他のサイトよりも速く画質の良い動画を表示してくれます。

YouTubeに動画を載せるのも悪くはありません。
プロモーションに使える手段はすべて使うべきで、そのためにYouTubeを使用するのは悪い事ではないのです。

2.動画サイトマップを作ろう

動画サイトマップに着目する人は少ないため、これを活用するのもおすすめです。
ウェブデザイナーは、サイトは作れても、必ずしも効果的なサイトを作れるとは限らないのです。

自らハウツー動画を見て効果的なウェブデザインについて学びましょう。

3.動画をウェブサイトのどこで宣伝するか

まずはサイトのトップページに載せるべきです。
しかし、デザイン上不可能な場合、わざわざデザインを変える必要はありません。

ですが、動画がもっとも効果的なマーケティング戦略である以上、近い将来、ウェブサイトの作り直しも視野に入れた方が良いことは確かです。
動画を別のページに貼ると、後で手を加えやすくなります。
大体企業について紹介するページに貼ると良いでしょう。

さらに、下の方にあるサイトマップは人々がよく注目する部分でもあるので、そこにもリンクを貼ると良いでしょう。
動画がいくつもある時は、動画ギャラリーがあるとサイトの閲覧者はすべての動画にアクセスしやすくなります。

4.動画をトップページに貼る

1枚の写真は、1000ワード分の価値があります。
さらに、1分の動画は、180万ワードの価値があります。
もし、トップページに適している動画を持っているならば、どんどん貼るべきです。

A/Bテストによると、トップページに動画がある場合、サイトのコンバージョンレートが6%から11%へ飛躍的に上がったという結果が出ました。
さらに、ポップアップ形式の動画の場合は、さらにコーンバージョンレートが倍増したという結果も出ています。(参照:VinYard Case Study 2012)

5.動画を貼りたかったら躊躇しない

ウェブサイトのここに動画を貼りたいと思ったら、躊躇してはいけません。
リンクのボタンなどもどんどん貼っていきましょう。
無駄な事などありません。
私に至っては自分のインボイスにも記載しました。

6.Eメールの署名

Eメールに必ずと言っていいほど記入する署名。
そこに動画を入れることを考えた事がありますか?
もしも受け取り主がさらにそのメールを社内でフォワードした場合、動画はさらに広まっていくことでしょう。

もちろん、誰にでも動画付きの署名を送っていいわけではありません。
私は状況に応じて使い分けられるよう、複数の署名をテンプレートに入れ、いちいち書く手間を省いています。
動画付きの署名には、動画のイメージ、短いタイトル、動画を閲覧してほしい旨とリンクを書きます。

私は電話での会議でも、この手をよく使います。
電話の相手であるクライアントにどの動画を見たか聞けば、相手にすでに見た動画を送る必要がありません。
電話の会議の後に、相手側が見た事のない重要な動画を送ると、相手側の手間もかからなく、気の使える人物だと印象付けられます。

7.動画の再利用

昨今、再利用についてはよく耳にするでしょうが、動画の再利用はあまり聞かないでしょう。
しかし、動画の再利用は経費削減に繋がるのです。
動画の全てを再利用できなくとも、一部だけを再利用するだけで、経費には大きく差が出てきます。

また、実際の動画を利用するだけではなく、ブログを書く際など、動画の内容を参照するのも書く手間暇をかけなくて済みます。
時は金なり。
作業で削れるところは削るのが、作業の効率化を高めるのです。

結論

良い動画は興味深く、そしてアクセスしやすく消費者に直接問いかけています。
それにより、コンバージョンレートが上がります。

動画を作るには、時間も労力も必要です。
そして、同じくらいの時間と労力を、その動画の宣伝に使いましょう。
そうすれば、必ず成功します。

元の記事はコチラ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

LINEで送る
[`evernote` not found]