ファッション業界に動画マーケティング

ファッション業界でも、動画マーケティングは有効

ファッションが好きで、ビジネスにしている。
そんな中小企業は少なくないと思います。
社内にはおしゃれ好きな人があふれ、活気がある職場ですよね。

現在のところ、若い人の間に動画がはやり、マーケティングの対象となりえます。
動画マーケティングでファッションを表現することによって、静止画よりもはるかに企業イメージを詳細に伝えることができるのです。
なにせ、動画のほうが、静止画の写真よりも何百倍もたくさんの情報を伝えることができます。

ファッションの業界では、世界観が大切なため、動画によってそうした世界観を伝えていくことができるでしょう。
また、音楽なども効果的に使うことができます。

   

ファッション製品の紹介

まず、ブランドやファッション製品を紹介するのに、動画マーケティングは利用できます。
ECサイトの商品紹介ページに動画が加わっていれば、詳細がわかります。
動画を視聴したユーザーは、オンラインでの買い物において、2倍以上の購買意欲を持つという調査もあり、クリックされやすいのでおすすめです。

インフラを選べば手軽に投稿でき、ユーザーフレンドリーな動画が投稿できます。
また、短めの動画にすることで、若い人が気にしがちな「ギガが減る」ということが起こりませんので、購買意欲の高いユーザーにアプローチできます。

   

若者と親和性が高いファッション動画

最近では、若者は店舗で直接、洋服を買うことを避けていると言われます。
実際に、アパレル店舗の売り上げは落ちているようです。
ですが、若者がファッションに関心がなくなったのかというとそうではなく、ECサイトに移行しているのです。

店員のしつこい接客もなく、自由に買い物ができるECサイトの売り上げが大きく伸びています。
ですが、ECサイトの写真だけでは、洋服の質感などがわかりません。
詳細を知るためには、動画が欠かせないのです。
従来のECサイトにあった、ディールがわからないので、イチかバチかで購入しなければならないというデメリットを、動画によってカバーすることができます。

また、動画なので、商品を実際にモデルさんが着用し、そちらをムービーで撮影することによって、ファッションに大切な洋服のラインなどもわかりやすく表現できます。
そのため、購入した時と実際のギャップが少なく、購入の前に着用のイメージがわきやすいのが特徴です。
購買意欲が大きく向上します。

   

ストーリー仕立てでブランド訴求

ファッションでも平均的な収入の顧客をターゲットとしたブランドは、動画マーケティングを行う際に、商品の着用感、ディティール、シルエット、ライン、質感などを動画でアピールする傾向があります。

これがハイブランドになってくると、ブランドロゴを全面に押し出して、ストーリー仕立てにして、ブランドの訴求を行う傾向にあります。
商品の詳細ではなく、ブランドそのものを動画にするのです。
ハイブランドの場合、顧客はそのブランドの品質を信用していますので、あまりディティールにこだわる必要はないのです。
また、店舗などでも実際に手にとって、だいたいのイメージはついているものだと思われます。

自社のファッション製品に自信があり、品質の高さが十分に知れ渡っている場合、中小のアパレルでもブランド訴求を行ってみると良いでしょう。
あまり多くの動画を作る必要はありませんが、ひとつは力を入れて、自社のブランドを売り出すために、ストーリー仕立ての動画を作ってみると良いと思われます。

たとえば、ハイブランドの『ルイ・ヴィトン』は、バッグなどが人気ですが、いちばん力を入れているバッグはトランクです。
旅行用のトランクをストーリー風に仕上げた動画を作成し、「旅にはルイ・ヴィトン」というブランドイメージを動画で展開しています。

   

ファッションアドバイザーも動画訴求で

若者が店舗で買い物しなくなったと書きましたが、密かに伸びているビジネスがあります。
それが、「買い物同行アドバイス」ビジネスです。
センスの良い人が顧客の買い物に同行し、似合う洋服を選んでくれるというものです。
個人や中小企業でそのようなビジネスを展開している場合、動画マーケティングも非常に有効です。

Before After などを動画で見せることによって、同行者のセンスなどがアピールできます。
イメージが大きく改善しますので、動画でのアピール効果は抜群です。
インスタなどを使っても良いですし、Youtubeなどで買い物の風景などを少し長めの動画で作成するもの、マーケティング効果があるでしょう。

洋服に関心があるという人は、若者を中心としてお金を使います。
そこにビジネスのヒントが転がっているのです。動画マーケティングを積極的に使って、まるで手に取ったかのように洋服をアピールしましょう。
オンラインで洋服を見たいというニーズは、確実に増加しています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


ABOUTこの記事をかいた人

動画マーケティングの教科書 編集部

スマホひとつ、無料ではじめられる動画マーケティングは、これからのビジネスに欠かせないものになります。 前職も、年齢も、趣味も、性別もバラバラな編集部ですが、それぞれの強みを活かしながら、皆様にとって価値ある情報を発信していきます。記事のシェア、感想も大歓迎です。