Googleが推し進める、HHH戦略を動画マーケティングに活かしたら!?

HHH戦略とは!?

Googleは、「HHH戦略(スリーエイチせんりゃく)」というものを推進しています。
このHHH戦略とは、Heroコンテンツ、Hubコンテンツ、Helpコンテンツの3つのHの頭文字で、動画マーケティングに活かせます。
企業がマーケティングを行っていく上で、視聴者の関心を正確にとらえた上で、このHHH戦略を3つに分類したものです。

動画マーケティングの核となるこのHHH戦略ですが、一体どのようなものなのでしょうか。
あまりネットを見ても、ピンとくる情報はないかもしれません。
そこで、今回はHHH戦略の基本となる3つのHを元に、どのような戦略かを見ていきましょう。

動画マーケティングは、Youtube、すなわちGoogleも力を入れているところであり、今度の動画マーケティングに大いに活かせます。
HHH戦略は、Googleが2014年頃から提唱しているものであり、それほど新しいものではありません。

ですが、いま、HHH戦略に注目が集まっているのです。
それは、誰しもスマホで気軽に動画をアップロードしたり、視聴したりできるようになったことも大いに関係しています。
スマホが浸透し、いつでもどこにいても動画が視聴できるようになったことが大きいのです。

では、見ていきましょう。

  

1. Heroコンテンツは、潜在顧客に訴えかける

Heroコンテンツは、多くの人に訴えかけるものを指します。
口コミ効果を目的としていて、大掛かりな動画になることが多いのです。
テレビのCMに近いものがあります。

会社のことや、ブランドのこと、製品のことなどを知ってもらうために作成する動画で、SNSなどで拡散してもらって、話題になるために作られています。
潜在顧客というのは、まだあなたの会社のことを知りませんので、まずは「知ってもらうこと」を目的としています。
そのため、面白い動画を作ったり、感動動画を作ったりすることが求められます。

従業員を登場させてみたり、商品とはまったく関係がないようでいて関係があるような動画を作ってみたりなど、アイデアと独創性が求められます。
コンテンツをグローバル展開することも重要です。ナレーションを極力少なくしたり、字幕をつけたりなどして、世界中に自分たちのブランドを宣伝することを目的としています。

   

2. Hubコンテンツは、見込み客に訴えかける

Hubコンテツは、ハブ、つまりつながりを意味しています。
企業とユーザーをつなぐという意味合いがあり、見込み客が関心を持っているジャンルのコンテンツを作成し、見込み客が利用しているチャネルに向けて発信します。
Youtuberなどを活用し、企業のターゲットとファンが合致しているコンテンツを配信すれば、ファンという見込み客に効率よくプロモーションが可能となります。

Hubコンテンツのテーマは、共感、そして理解です。購入ページや、自分たちのホームページにたどり着いてもらうために、動画を作成します。
購入をある程度検討している見込み客がターゲットとなります。

Hubコンテンツは、動画を見た人が、何度も見たくなり、手にしたくなるようなコンテンツを作成し、リピーターになってもらうことも目的としています。
製品のレビューだけでなく、連続ミニドラマ、学習コンテンツをシリーズ化したケースなども想定されます。
共感を呼ぶシリーズ動画を作って、視聴者の興味喚起を呼び起こしましょう。

   

3. Helpコンテンツは、顧客に訴えかける

Helpコンテンツは、商品の使い方などを既存の顧客に向けて訴えかけていくものです。
話題があるわけではなく、たんなるQ&Aに終始してしまうので、バイラル性(口コミ効果)は少ないのですが、既存の顧客とのエンゲージメントを上昇させることができ、ファンをより強力にエンパワーメントできます。
追加で購入するなど、利用を促進するための動画です。

たとえば、スマートフォンの機種紹介などを行って、魅力的にアプローチすることにより、買い替え需要を喚起します。
製品のガイドなどを動画で行うことを目的としています。ヘルプの動画版、といっても良いでしょう。

ジャパネットたかたの商品紹介動画なども、Helpコンテンツの動画のひとつといえるでしょう。
Hubコンテンツも、リピーターになってくれたお客様を顧客にするための動画です。
製品の利用者が何に困っているかを把握することが大切となります。ニーズをリサーチして、答えていくことが重要です。

   

動画視聴者の心をつかもう

いずれにせよ、視聴者である一般消費者の心をつかんで、製品の魅力や会社の認知度、そしてファンを強化するという働きを持ちます。
3つのHを動画に取り入れて、エンゲージメントを向上させましょう!

いま、動画マーケティングは需要が増えています。
動画広告を取り入れるサイトが増えてきて、ニーズが高まっています。
Googleが提唱する3つのH、Hero、Hub、Helpコンテンツを理解して、動画によるマーケティングに活かしましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


ABOUTこの記事をかいた人

動画マーケティングの教科書 編集部

スマホひとつ、無料ではじめられる動画マーケティングは、これからのビジネスに欠かせないものになります。 前職も、年齢も、趣味も、性別もバラバラな編集部ですが、それぞれの強みを活かしながら、皆様にとって価値ある情報を発信していきます。記事のシェア、感想も大歓迎です。