360度動画が見られる!?いま話題の360度動画をご紹介

Facebookが動画に注力か。360度動画を搭載

2016年、Facebookが360度動画に対応しました。
専用のカメラで撮影すれば、周囲の360度を見渡すことができるのです。
クリックして方向を転換することで、動画を360度、閲覧することが出来るものです。

通信回線の容量が太くなって、サーバーの容量も大きくなったことから、このような360度動画にも対応できるようになったものと考えられます。
特殊なカメラを使えば、自宅でも外にいるかのような体験ができるようになったのです。
企業が実際にどのような360度動画を使って、プロモーションを行っているか、見ていきましょう。

   

1. ディズニーワールドの楽しさを360度動画で再現

海外のディズニーランドでは、Facebookに360度動画を導入し、自宅に居ながらにして、パーク内に訪問したかのような感覚を味わうことができます。

ジェットコースターの後ろ側などもカメラでチェックすることができ、実際に訪問したときよりも詳細に、いつもなら見ることができない場所を見ることができます。
7大キャラクターのひとりであるグーフィーと一緒に、パークの中をウロウロすることができ、楽しい体験を実現することができます。
ドラッグ&ドロップで360度動画を自在に動かすことができ、非日常が体験できます。

ディズニーランドは、世界観と作り込みがとても優れているため、あちこちをくまなくみたい、隅々までチェックしたいというユーザーの欲求に正しく応えています。
1000万回近く再生されており、大きな反響を手にすることに成功しました。

360度動画を大勢の人が楽しみ、またパークにでかけたいというテンションを高めていたのです。
Facebookに寄せられるコメントは、多言語で寄せられており、世界中にアプローチできたことを証明しています。

ディズニーランドのテーマパークの魅力をあますところなく伝え、ファンに楽しみを与えています。
ディズニーでも最初の360度動画の取り組みで、うまくいきました。

   

2. Au、ボタン一つで世界を飛べる360度動画

KDDIが提供しているAUでは、画面に出てくるタイミングをセットして、ボタンをクリックすることで、世界中をジャンプして回れる360度動画を公開しました。撮影はドローンを使っています。

AUは世界を飛び回ることをテーマにしているため、作成された動画です。
家の中にいながら、360度動画を通じて、世界中の絶景にアプローチすることができます。
WebGLというシステムに対応していれば、パソコンでもスマートフォンでも、閲覧することができます。

在宅でありながら世界中を飛び回ることができ、世界中の絶景をあちこち飛び回ることができます。
ユーザーにとっても大きな体験で、楽しく、安全に、普段は行くことができない絶景スポットに、パソコンやスマホからアクセスしていくことができるのです。
こちらも大きなインプレッションを獲得しており、ユーザーへの反響の高さを物語っています。

   

3. 大雪のニューヨークの街を散策!

最後は、ABCニュースが作成した、大雪に見舞われたニューヨークの360度動画です。
めったに大雪にならないニューヨークの街を、タイムズスクエア前を中心として、360度動画を撮影しています。

これによって、いつもとは違った視点で、ニューヨークの街をのぞけるとして、ニューヨーク市民のみならず世界中でインプレッションを獲得しました。
大雪によって、いつもみているニューヨークの街とはまた異なる、風景を楽しむことができ、新鮮だったのではないでしょうか。

珍しい大雪のタイミングで360度カメラを持ってタイムズスクエア前にくりだし、360度動画を作成したABCニュースは、最先端のテクノロジーにも敏感なようです。
意外性が楽しまれ、好評だったようです。

   

360度カメラ、使い方によっては新しい体験を!

360度カメラは、上手に使えば、企業のさまざまな情報を多角的にアプローチすることができます。
ビジュアルで多くの情報を伝えられるため、世界中にアプローチが可能です。360度、細かなところまでこだわった作りをカメラで撮影し、360度動画でみてもらうことによって、ユーザーに新たな体験を与えることができます。

Facebookが先陣を切ってスタートした360度動画ですが、いまではYoutubeも追随し、いろいろな企業が360度動画にチャレンジしています。
あらたなユーザーエクスペリエンスの創出として、360度動画に注目が集まっています。
専用のカメラを準備して、通常の動画では撮影できない細かな部分まで、インターネットの動画サイトを通じて、ユーザーに届けましょう!

うまくやれば、新しい価値の創造と、大きなインプレッションを獲得することができます。360度動画は、まだまだ可能性に満ちており、アイデアひとつで大きなアプローチ効果を生み出すことができるのです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

LINEで送る
[`evernote` not found]